仕事の悩みを軽減するためのコミュニケーション術

「女性活躍社会」の波に乗って自分らしく働いている女性がいる一方で、仕事でさまざまな悩みを抱えている女性が多いのも現実だといわれています。そしてその悩みのほとんどは、人間関係のわずかなもつれから始まっている傾向があるのです。
今回は仕事の悩みを軽減するために、普段のコミュニケーションで意識したほうがいいことを紹介します。

普段のあいさつを見直す

職場の女性社員とのコミュニケーションは、男性社員以上に気を遣うという意見が多いです。なかには女性社員から感情的にものを言われたり、理由もなく意地悪をされたと感じて悩んでいる人もいるでしょう。
女性社員とのコミュニケーションには同性だからこその言葉選びや振る舞い方など、細部にまで気を遣うことが求められます。具体的にはどうすればいいのでしょうか。

女性は人間関係の細かい部分に敏感になる傾向がありますから、悩みを抱えている人はこれまで以上に「あいさつ」をしっかりする必要があります。「おはようございます」「お疲れ様です」といった日常のあいさつを言葉だけで交わすのではなく、笑顔で相手の目を見て自分から積極的にするようにしましょう。また、些細なことに対しても「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝える気づかいも重要になります。コミュニケーション上のちょっとしたすれ違いが悩みに発展することがあるため、積極的にあいさつをして自分のほうから心を開いていく姿勢を見せることが人間関係を良好にするのです。

男女で褒め方を変える

職場に苦手な人がいて悩んでいる場合は、相手を褒めることがお互いの心の距離が縮めることにつながります。
男性は結果を重視する傾向があるため男性社員を褒めるときは、仕事の成果などの分かりやすいものに言及するようにしましょう。それに対し女性というのは結果よりも、そこまでのプロセスを重視しがちです。そのため「○○さんが仕事に集中している姿がとても素敵で、私の励みになっています」といった褒め方が効果的になります。女性の見た目を褒めるときも、ファッションやアクセサリーそのものを褒めるよりも、それを選んだセンスを褒めるようにすると相手の心に響きやすいです。「男性は結果・女性は過程」を意識して褒めると、良好な人間関係につながります。

ときにはその場を離れてもいい

仕事で悩まないようにするには、仕事で関わる人たちの言動や感情のパターンを把握することが重要になります。把握したうえで相手がいつまでもイライラするタイプであれば、巻き込まれないようにその場を離れるのも一つの手です。
心に抱いた悩みをすべて解消しようとせず、ときには「上手にやり過ごしてもいいんだ」と思うと気持ちがラクになりますよ。