ネイルの種類と費用を抑える、おすすめのポイント♪

時代の移り変わりの中で、手や足の爪に装飾を施すネイルアートを行う人が増えてきています。とはいえ、一口にネイルアートと言っても、利用するジェルや施術によって仕上がりは大きく変わるため、しっかりと理解しておくことが大切です。そこで今回は、ジェルの特徴を紹介すると共に、費用を抑えて楽しむコツについて詳しく解説していきます。

ネイル初心者に最適なソフトジェル

Amazon

いくつかあるネイルの施術の中で、幅広い世代に利用されているのがソフトジェルです。ソークオフジェルとも呼ばれることのあるこちらのネイルは、専用のジェルを使って爪にLEDライトを当てて固めていきます。アートを施す形になります。リムーバーによって簡単に除去できるので、初心者はもちろん、気分に合わせて定期的に変えたいという人にも最適です。ソフトジェルはネイルアート以外にも爪を補強する目的で利用されることもあって、栄養不足などが原因で割れてしまった爪を治す目的で行う人もいます。

爪の長さを変えたい人向けのハードジェル

Amazon

前述した柔らかさが特徴のソフトとは対照的に硬度の高さに定評があるのがハードジェルになります。ハードジェルは硬度によって爪に長さを出せるのがポイントです。爪の長さは人によって個人差があって、中には極端に短い人も多くいます。ハードジェルを使えば爪の長さに関係なくネイルアートを楽しむことが可能です。ストーンなどの固定がしやすいのもハードジェルならではの特徴の一つで、デコレーションによって周りとは違うオリジナリティを出したい人にも向いています。ただし、ハードジェルはリムーバーによって取り除くことができないため、オフを希望する時は爪を削ることになるので、この点に注意が必要です。

費用を抑えてネイルアートをするコツ

利用者の中にはネイルアートには興味があるけれど、費用が高くなってしまうことに不安を感じて二の足を踏んでしまう人も少なくありません。ネイルアートは使用するジェルやデザインによって費用が大きく異なります。デザインを凝るほど値段は高くなってしまうため、少しでも費用を抑えたいのであれば、ワンカラーやグラデーションが最適となります。こうしたベースデザインだけの施術は多くのネイルサロンが手頃な価格に設定しているので、予算を気にせず気軽に楽しむことができます。

自分の爪の形を理解して最適なデザインを選ぶ

ネイルアートは長さはもちろん、爪の形によっても印象が変わってきます。中には自分の希望するネイルデザインと爪の相性が良くないことで仕上がりが不自然になってしまうケースも少なくありません。ネイルサロンで施術を受ける時は、スタッフのアドバイスを参考にしながら自分の爪に合ったデザインを決めていくことが大切になります。