ママ友付き合いの参考に!ママ友との人間関係が上手な人の特徴3選

ママ友関係でいつも悩んでいる人がいる一方、ママ友との付き合い方が上手く、常にママたちと良好な関係を築いている人もいます。
ママ友との付き合いが上手な人がどんなことを意識しているのか、接し方をしているのか参考にすることが自身も良好な関係を築く手掛かりになるでしょう。
今回は、ママ友付き合いの参考になるよう、ママ友との人間関係が上手な人の特徴を3つ紹介していきます。

見栄を張らず素の自分で付き合っている

「他のママには負けたくない」「自分の方が上だ」と、勝手にライバル視しているママ友もいます。
一度見栄を張ってしまうとママ友同士の終わりのない見栄の張り合いになってしまい、嫌われたり、周りの目を気にして疲れ切ってしまう原因になってしまったりします。ママ友との人間関係が上手い人は、背伸びしないで自然体で付き合っていることが多いです。変に見栄を張らないことで誰からも目をつけられることもないですし、意地の張り合いによって気疲れすることもありません。
自分をよく見せようとするよりも、ダメな自分をさらけ出す方が人と打ち解けるためには大切です。
あえて弱みをさらけ出すことで共感や親近感を持ってもらえるようになり、良好なママ友付き合いに繋がります。

プライベートな話題に踏み込まない

ママ友と上手に付き合っていくためには、適度な距離感を保つことが大切です。
夫の職業は何かとか、どこに住んでいるのとか、相手のプライバシーに首を突っ込みすぎると煙たがられたり、対抗意識を持たれたりすることに繋がります。相手の家庭事情を根掘り葉掘り聞き出すと、周囲の人から苦手意識を持たれることになってしまうかもしれません。プライベートなことを聞いたり話したりすると、ママ友同士の面倒な揉めごとに巻き込まれる可能性がアップします。
プライベートな話題に触れず、お互いの生活を邪魔しない程度の距離感を保てる人が、ママ友との人間関係が上手な人です。

気配り上手

気配りされて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。「○○ちゃん、この前元気無かったけど大丈夫?」「雨で通園が大変でしたね」など、細かい気配りができる人は、ママ友たちの間でも評判が良いです。ママ友というのは、行ってみればみな同じ悩みを抱えた同士です。
子育ての大変さや、旦那との関係に悩んでいる人を気づかったりするのが、良好な人間関係を築くコツです。
気配りができる人、それがどんなママ友とも仲良くできる可能性を秘めた人の特徴と言えるでしょう。

ママ友付き合いが上手な人になろう

ママ友たちとの付き合いでは、やはり距離感が非常に重要です。
近すぎず遠すぎず、相手のプライバシーに首を突っ込みすぎないことが気軽な付き合いを続けていくきっかけになります。そして、ママ友の前で見栄を張ったり、マウントをとったりせず、気配りを忘れないということが他のママ友に嫌われないために大切になるでしょう。