ママ友たちと良好な人間関係を築くコツ3選

職場や学校、家庭など、様々な場面で人間関係を築く必要がありますが、その中の1つにママ友同士との関係があります。
ママ友たちと良好な関係を築ければ心強い味方になりますが、関係が悪化すると無視されたり、子どもの交友関係に悪い影響を与えたりすることもあるでしょう。
今回は、ママ友たちとの関係でストレスをためないように、良好な人間関係を築くコツを紹介します。

挨拶をしっかりする

コミュニケーションの始まりとなるのが、挨拶です。挨拶をされて悪い気分になる人はほとんどいません。
挨拶をすることでマナーがしっかりしている人だと思われますし、それと同時に「私はあなたの敵ではありません」ということも相手に伝えることができます。挨拶さえしっかりしておけば、よほどのことがない限り変な因縁をつけられたり、ママ友たちから嫌われたりすることはないでしょう。
挨拶をすることで、自分と相性が良いママ友との流のきっかけにすることもでき、ママ友が一人もいない状態も避けることができます。

適度な距離を保つ

心を許せるママ友以外には、一定の距離を保つということが大切です。
ママ友同士の距離が近くなると、余計なことで気を使ったり、面倒な人間関係に巻き込まれたりする可能性がアップします。仲良くなりすぎるとランチにも誘われる回数も増えますが、1度でも誘いを断ると突然距離を置かれたり、根も葉もない噂話を流さたりなど、トラブルの原因になることもあるのです。
ママ友を取り巻く環境は目まぐるしく変化します。ママ友たちと密な関係を維持しようするほど、精神的な負担を感じることも多くなるでしょう。
つかず離れず適度な距離を保つこと、これがママ友との人間関係のストレスを最小限に抑え、関係を長い間円滑に続けていくためのコツになります。

悪口には参加しないようにする

ママの中には、いつも人の悪口ばかり言う、悪口好きなママもいます。
悪口が多いママ友グループといつも一緒に居ると、その人たちと同じように考えていると思われたり、最悪の場合悪口を言っていたと周りに勘違いされたりすることがあります。悪口を言っていると思われると、敵を作ったり、嫌われたりする原因になります。相手が誰かの悪口を言っていても、「まぁ、そうだね」と笑ってごまかし、用事を思い出したと言って素早くその場から離れるのが無難です。
何気なく発した一言が、巡り巡って話が大きくなり、自分に返ってくることがあります。余計なトラブルに巻き込まれないようにするためには、最初から人の悪口を言わないということが大切です。

ある程度割り切って接することが大切

職場や家族などの人間関係とは違い、ママ友との関係は一時的なものです。
子供が幼稚園や小学校を卒業すれば、ママ友達との交流する機会はほとんどなくなるでしょう。一時的な関係だと割り切って接すれば、ストレスも感じにくいですし、余計なことに巻き込まれることもありません。
全員と仲良くしようとするのではなく、本当に気が合うママ友を2~3人作り、他の人とはある程度割り切って接するようにしましょう。