パーツ別に解説!化粧のテクニックのおすすめポイント

顔全体にはコントロールカラーの下地やファンデーション、眉毛には眉パウダーや眉ペンシル。このように化粧では様々なアイテムを使い分けることがほとんどです。
それぞれのパーツやアイテムごとに化粧のポイントがあり、上手く使えればなりたい雰囲気にメイクで近づくことも可能です。そこで基礎から知っておきたい、おすすめのパーツ別の化粧のポイントについて解説します。

下地やファンデーションを使うときのコツ

肌を美しく見せて、透明感や艶を作るときに欠かせないのがコントロールカラーの下地やファンデーションです。
使い方や使うアイテムによって顔全体の雰囲気が決まり、上手に使えれば化粧崩れを防げます。コントロールカラーの下地を使うときには理想の肌質に合わせて、アイテムを選ぶことが大切です。
透明感を出したいときや儚げなイメージになりたいときにはラベンダーを、赤みやニキビ跡を隠したいときにはグリーンです。血色を加えたいときにはピンクを、黄色味を抑えたいときにはホワイトを使いましょう。しっかりと下地が肌に馴染むように少量を伸ばして、気になる部分にだけ重ね塗りすれば持ちが良くなります。

ファンデーションは潤いや艶が欲しいのならリキッドタイプを、しっかりカバーしつつマットな肌に仕上げたいときにはパウダリータイプを選択します。どちらのタイプのファンデーションも肌の密着感を高めるために、塗るときに使うパフを軽く濡らします。余分なファンデーションを取り除いてくれて、厚塗りを防いでくれるのでおすすめです。

眉毛メイクのポイント

自分の眉毛がしっかり生えている人や濃い人、自然な仕上がりにしたいときにはパウダリーが便利です。全体的に薄付きになりますし、初心者でも失敗が少ないです。量や色も自分で調整することが出来るので、使いやすいのも特徴です。パウダリーを使うときにはグラデーションになるように意識します。眉頭は一番薄い色のパウダーを、中間は中間色を、眉尻は一番濃い色を使って描きます。眉頭を薄くすれば産毛が生えているように見えますし、眉尻は取れやすい部分なので濃い色を使えば落ちにくくなるのです。

ペンシルやリキッドタイプの眉ライナーはしっかりと毛を表現することが出来るアイテムで、眉が薄い人や毛が少ない人に向いています。使うときには毛を1本1本描くように意識して、毛量を増やしていくような気持ちで描き足すのがポイントです。雑に描いてしまうと濃くなる可能性も高くなりますし、不自然な仕上がりになるかもしれません。より自然に見せるためにも、描き終わったらスクリューブラシでぼかすことも重要です。

メイク前のお手入れも入念に

化粧が落ちてしまったり、化粧を綺麗に仕上げるためにも、メイク前には必ずスキンケアをしてお手入れをします。肌の調子が整ってメイクもしやすくなり、綺麗な状態を保ったまま何時間でもキープさせることも出来ます。
洗顔や化粧水、乳液を使って、潤いや油分、栄養を与えて肌が最高の状態になるようにしておくこともメイク前の準備では欠かせません。