女性の健康や風邪対策に緑茶うがいがおすすめ!

寒い時期は、風邪を引かないためにワクチン接種、マスクの着用など色々な対策を行っている人が多いです。
インフルエンザにかかってしまうと周囲にうつしてしまう可能性があるので、十分な対策が必要です。実は、インフルエンザ対策として緑茶うがいが優れていると注目されています。そこで、ここでは緑茶うがいについて詳しく紹介していきます。

緑茶うがいはカテキンが効果を発揮する

緑茶うがいがインフルエンザ対策に優れている最大の理由は、カテキンというポリフェノール成分が多く含まれているからです。
緑茶に含まれるカテキンには、インフルエンザウイルスに直接作用して体内での増殖や吸着を抑える作用があります。そもそもインフルエンザウイルスは足のようなジョイントが付いていて、そのジョイントが人間の細胞にくっつくことで感染していきます。しかし、積極的に緑茶うがいを行うことで、ウイルスのジョイントにカテキンが付着して細胞の中に侵入していくのを阻害できるということです。また、カテキンには人間の細胞に侵入したウイルスが増殖するのを阻止したり、外に出て別の細胞に感染するのを防いだりしてくれます。
このような理由から、こまめにお茶でうがいをすれば喉についたウイルスを効率よくブロックできると言うことです。

緑茶うがいのやり方

緑茶うがいの方法は、まず薬缶で水をよく沸騰させた後、その熱湯を使って煎茶を淹れていきます。
そもそもカテキンは熱いお湯で淹れるとより多く排出されるので、薬缶で水をよく熱することが大事です。その後、うがいをしやすいように水で2倍から3倍にお茶を薄めてください。それから、うがいをいよいよ開始することになります。

やり方の手順は、まず口の中だけをブクブクとよくゆすぐようにしましょう。口の中に埃などの汚れ、感染性の菌が付着している可能性があるので、よくゆすいできれいにしていくのです。その後、緑茶を口に含んで喉の奥に行き渡るようにガラガラと音を立ててうがいをしていきます。うがいは1度では効果がないので、3度ほど繰り返し行うと良いです。
緑茶うがいは誰でも手軽に行えるインフルエンザ対策なので、健康を維持したい方におすすめです。

緑茶うがいのまとめ

寒い冬の時期になると、インフルエンザにならないように十分な対策を行う必要があります。
インフルエンザは感染する確率が高い疾患なので、家族がいる場合、うつしてしまうリスクが高まります。緑茶うがいは、お茶さえあれば誰もが気軽に実践できる対策と言っても過言ではありません。
簡単に始められるので、健康をキープしたい方は試してみるといいでしょう。