元気な毎日を送る!女性のためのおすすめの健康法

健康は老若男女を問わずに共通する願いです。
しかし、女性と男性では体の構造の違いにより、健康に関する悩みも異なってきます。それは女性特有の悩みにも繋がるものですが、適切な対処を行い健康を維持して、仕事やプライベートなどを充実させたい方も多いものです。それでは、女性が健康な生活を送るためには、どのような健康法を行えば良いのでしょうか。

多くの女性が悩む冷え性

女性の健康上の悩みで多いのが、冷え性です。
冷えは万病の元とも言われるように、様々な病気の原因にもなりますが、そもそも女性は男性と比べて筋肉量が少ないため熱が作りにくいという体の構造をしています。また、ホルモンバランスの乱れによって自律神経が上手く働かなくなると、血行不良を起こし、それが冷えを生み出す原因にもなります。
対処法としては、体を温める食材を積極的に摂取して体を中から温めること、食材としてはゴボウやレンコンなどの根菜類、ニラやネギなどがおすすめです。ショウガも体を温める食材ですが、熱を加えることによってその効果が発揮されますので、生のままで摂取しないように注意しましょう。

また、女性らしさを演出するミニスカートや、デコルテを強調したファッションなどの薄着も冷えの元となるものですので、寒い季節では極力肌を露出しないファッションを心掛けることも大切です。なお、寝る時に寒いからと言って靴下を履いて寝る方もいますが、眠る時は手や足から熱を出して睡眠を促すため、靴下を履くと良い睡眠を得られない可能性があります。できれば素足で布団に入るのがベストですが、足が冷えて眠れない方にはレッグウォーマーなどの締め付けずに足首を暖めるアイテムがおすすめです。

毎月やってくる生理との付き合い方

次に女性の悩みで多いのが生理痛です。
人によっては鎮痛剤が欠かせない方も存在するなど、日常生活に影響をきたすこともある悩みでもあります。原因としては、生理が始まると急激に増えるプロスタグランジンをいう物質が、軽血を排出するために子宮を収縮することが挙げられます。
下腹部の痛みや下痢、吐き気などを引き起こすこともあり、無理をしたり我慢をせずに辛い時は鎮痛剤を使用しましょう。なお、痛みが始まってからではなく、痛くなりそうだと思うタイミングで早めに鎮痛剤を飲む方が痛みが軽減されますので、自分の生理予定日などを把握することをおすすめします。

また、生理痛は前述した冷えとも関連していて、冷えがひどいと生理痛もひどくなる傾向があります。ですので、生理中はお風呂の浴槽でしっかりと体を温めたり、腹巻やカイロの使用して、体を締め付ける下着やファッションを避けるなどの対策をしましょう。軽いストレッチやヨガ、運動などで血流を促進するのも生理痛を和らげる効果がありますが、貧血の症状がある方は無理をしないでください。

無理なく楽しく取り入れる

冷え性や生理痛は、女性が健康的に暮らしていくには厄介なものです。ですが、対処を行えば快適で健康な毎日を送ることができます。それでも、あまりガチガチに完璧に対処をしようとすると、逆にストレスにもなりかねませんので、自分に合うペースで行うことが大切です。
健康は美しさにも繋がる重要な要素ですので、無理をせずに気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。