大人っぽい化粧で色気アップ♪アイメイクのおすすめポイントを紹介!

大人っぽいメイクをして色気を出したい!と思ったことはありませんか?
女優さんや海外のタレントさんは、大人っぽい雰囲気でとてもセクシーですね。でも私は顔が幼いから無理かな…なんて諦めなくて大丈夫。
実はこの雰囲気、メイクで手に入れることが可能なんです。今回は大人っぽい雰囲気になれる、アイメイクのポイントをご紹介します。

眉毛は下に描き足して、目元との距離を近づけよう

出典:All About

美人顔のポイントとして、眉毛と目が近いことが挙げられます。
目と眉毛を近づけることで、目鼻立ちがはっきりとするからです。まずアイブロウペンシルを使い、眉毛の下に丁寧に描き足していきましょう。一気にラインを引くのでは無く、眉毛を一本一本描くようにすると、自然な眉毛に仕上がります。もちろん、自眉の薄いところにも描き足しましょう。描き終わったらアイブロウパウダーを使って、ペンシルと自眉の境目を中心に、全体を馴染ませます。薄く馴染ませるのがポイント。濃く乗せてしまうと、眉毛だけ変に浮くメイクになってしまうので注意です。

アイシャドウでアイホールに影をつけて

出典:美的.com

肌に近いアイシャドウを使い、アイホール全体に影を作ります。
アイシャドウパレットにある、2番目に薄い色あたりがおすすめです。毛先の長いブラシでアイシャドウを取り、アイホール全体に塗っていきます。チップや指で取ると濃くなってしまうので注意です。全体に塗終わったら、最後に鼻筋に向かってブラシをさっと降ろします。このひと手間を加えることによって、鼻筋に少し影が入り、自然に目鼻立ちがはっきりとします。

アイラインはインラインのみ

アイラインはインラインだけ引きましょう。
大人っぽい雰囲気になるためには、より自然な目元でいることが大事です。アウトラインを引いてしまうと、がっつりメイクに見えてしまいます。ペンシルかリキッドタイプのアイライナーで、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようにラインを引きます。コツは「引く」と言うより「埋める」ような感じで描いていくと、上手にラインが引けます。

マスカラは一度塗りでとどめよう

マスカラは一度だけ塗りましょう。
何度も重ね塗りしてしまうと、ナチュラルさが失われてしまい、大人っぽい雰囲気から離れてしまいます。黒色だとよりセクシーに、こげ茶色だと優しく艶っぽい目元になります。
最後に透明マスカラを重ね塗りすると、より色っぽいまつ毛になれます。

大人っぽいメイクはナチュラルかつセクシーに

いかがでしたでしょうか。大人っぽいアイメイクは、ナチュラルにしつつも色気を出していくということがポイントの、引き算メイクです。
今までやっていたこと工程を止め、ちょっとした工夫を手順に加えるだけで、ぐんと印象が変わります。難しいことは何もありません。今回のポイントを押さえて、ぜひ大人っぽい色気のあるメイクを完成させてくださいね。