立ち会い出産に関する悩みとは?メリットとデメリットを知って決めよう

厚生労働科学研究費補助金研究の調査では、立ち会い出産に夫が立ち会うケースが増えていることが分かっています。特に初めての出産は不安なものです。
夫と一緒の方が安心するという人もいるでしょう。しかし一方ではデメリットもあると言われています。立ち会い出産のメリットとデメリットを把握して、どうするかを決めるとよいでしょう。

夫婦の絆が深まる立ち会い出産

立ち会い出産のメリットの一つはママが安心して出産ができることです。
陣痛は痛みがあり、苦しいものです。その状態のときに夫がいて手をにぎってくれたり、声をかけてくれたりすれば心強いものです。精神的にも安定して出産ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。また、立ち会い出産をすると夫は出産の苦しみを目の当たりにします。そこまで苦しい思いをして自分の子どもを産んでくれたママに感謝するようです。その結果、夫婦の絆が深まるとも言われています。

出産に立ち会ったパパは実際に我が子が生まれる瞬間に立ち会ったわけです。
その瞬間の感動を体験し、素晴らしさを実感したことで、自分は父親になったのだという自覚が生まれることが多いと言われています。そのため、子育てにも積極的になるのです。子育てに協力してくれない、という悩みはなくなるでしょう。

立ち会い出産をして後悔することも

立ち会い出産をしたことで後悔することもあります。一つは恥ずかしい思いをする可能性があることです。
出産は出血のほか、尿や便も出ることがあります。夫婦とはいえそういった姿を見られるのはショックであり恥ずかしいと感じることもあるでしょう。また、夫の中には撮影に夢中になるなど、ママを励ますこともなく、そればかりかお産の邪魔になってしまうことがあります。
記念に撮影をしたい気持ちは分かりますが、助産師さんの邪魔をすれば危険を伴うこともあるので注意しなければなりません。

立ち会い出産に関する悩みはママが一人で悩んでいても解決しません。出産がどのようなものかをパパによく理解をしてもらったうえで立ち会うかどうかを決めるとよいでしょう。また、施設によっては立ち会い出産を許可していない場合もあります。立ち会い出産を考えているなら、産院選びにも注意が必要です。

パパに出産はどういうものかを理解してもらったうえで決める

立ち会い出産はママが安心できることや、夫婦の絆が深まるといったメリットがあります。
一方で恥ずかしい姿を夫に見られたくないと思うママもいるでしょう。あまりの壮絶さにパパが気絶などしないよう、出産についての勉強をしっかりすることも必要です。また何のために立ち会うのかを認識することも大切です。出産は貴重な体験でもあります。ママ一人で悩まずに、夫婦で話し合って決めるとよいでしょう。