産後に湿疹の悩みを抱える女性は意外と多い!?

実は、子供を出産後に手や足などの体に湿疹がたくさんできて悩んでいる女性は少なくはありません。
ただでさえ産後というのは、子育てで忙しい日々を送らなければいけません。それなのに湿疹ができて痛みを感じるのは辛いことです。そこで、ここでは産後に湿疹ができてしまう原因、効果的な対処法について紹介していきます。

湿疹ができる原因とは?

産後に湿疹が体にできる原因は、出産によって体の免疫力が落ちてしまうからです。
出産というのは命がけの行為なので、想像以上の体力を消耗しています。また、産後は授乳など育児に追われる日々を過ごすことになるので、気が付かないうちに疲労やストレスが溜まっていきます。その結果、必然的に身体の免疫力が落ちて自己免疫が過敏になってしまうのです。特に手は一番刺激を受けやすいので、免疫が過剰に反応して湿疹が生じやすくなります。

その他にも、出産後は女性ホルモンの分泌量が大幅に変化することも湿疹ができる原因です。
特に女性ホルモンのエストロゲンは妊娠中に大量に分泌されているのですが、産後には一気に減ってしまいます。このエストロゲンには、肌の修復を促すという働きがあります。その働きの恩恵を受けることができないことから、湿疹が大量にできてしまうということです。

湿疹の有効的な対処方法

産後にできる湿疹というのは、ストレスなどの精神的な負担によって生じることが多いです。
体調が元通りに回復すれば自然と症状が改善していくケースが少なくありません。したがって、子育て中に少しでも限界を感じたら、家族などの周りの人に積極的に助けてもらうようにすると良いでしょう。また、湿疹に触れると刺激を与えて症状が悪化するので、なるべく触らないように心がけることが大事です。

それでも湿疹が改善せず、かゆみがずっと続く場合は専門の皮膚科を受診しましょう。皮膚科で診てもらえば、症状にあった飲み薬や塗り薬などを処方してもらえます。その際、忘れずに産後で授乳中であることをきちんと医師に伝えるようにしましょう。すると、赤ちゃんへ影響を及ぼすことがない薬を受け取ることができます。

産後の悩みに関するまとめ

子供を出産後は、手や足などに湿疹が大量にできてひそかに悩んでいる女性はたくさんいます。
出産後は子育てに追われるために強いストレスを感じやすく、湿疹がひどくなるケースが少なくありません。ストレスが湿疹を誘発する最大の原因なので、育児は自分一人ではなく家族に遠慮せずに協力を頼むようにすることが大事です。